【白目カルタ】一番遅く食べ始め、一番早く食べ終わる

いつもご覧いただきありがとうございます。

書籍 ★販売中★

▶︎amazonはこちら
▶︎amazon(kindle)はこちら
▶︎楽天はこちら
▶︎楽天(電子書籍)はこちら

一番遅く食べ始め、一番早く食べ終わる

#白目カルタ

「一番遅く食べ始め、一番早く食べ終わる」

いやもうそのまんまなんですけど。

「よし!ご飯できた!あとはよそうだけ!」
となった段階で子どもに指示。

「テレビ消してー手洗って髪くくってコップ出してお茶出してー」(呪文)
まずお味噌汁をふたりの分だけよそってテーブルに持っていく。

「置いてあるもんから食べといて!」
そしてご飯もふたりの分だけ、おかずも大人の分はフライパンに残してまず子どもの分。

え、子どもを優先する優しい母?

ちがうで。

子どもは時間かかるからフライングスタートさせないと食べ終わらへんからやで?

なんやったらまだおかずできてなかったら味噌汁だけでも食べてもらう。
フルコース形式です。(ただし食べ終わってなくても次出てくる)

子どもの分が準備できたら次は母の準備。
いっぺんに味噌汁よそってたら楽ですけど、母の分よそう時間すらもったいないんで。
改めて母の分だけよそい直して食卓に運びます。
なんやったらフライパンの大きさの関係で、ここから母の分焼くときもある。
他にも命の灯火が消えかけている食材の都合によってここから一品増えることもある。

それを全部やって食卓に慌てて参戦。

食べる。

食べ終わる。

「ごちそうさまー!」と片付ける。

でも不思議なんですよ。
私より遥かに量が少なくて、かなりのフライングで食べ始めたはずの子どもたち。

かなりの確率でまだ食べ終わってない。

もうほんまになんでなん。
ハンデあげたのに全然追いつけへんやん。
ウサイン・ボルトが一般人と走ったらこんな感覚なんやろか。(絶対違う)

食事中に「停止して空中を眺めながら思考を巡らす」っていう時間があるんやけどあれなに。
「食べろ」しか指示してないんですけど。
別に食べながら勉強せえとか言うてないし。
ほんでまあよぉ喋る。誰に似たんや。(お前や)

でも私はめちゃくちゃ喋ってても説教してても食べ終わるからな。
大人になるっていうのは喋りながらでも通常スピードでご飯が食べられるってことやで?(違う)

テレビ見ながらご飯食べられるようになるのはいつになることやら。

★ブログの白目カルタは火・木・土の更新予定です

★連載中★

※画像クリックで目次に飛びます

書籍 ★販売中★

▶︎amazonはこちら
▶︎amazon(kindle)はこちら
▶︎楽天はこちら
▶︎楽天(電子書籍)はこちら

その他コンテンツ

■ブログで連載中

★他の記事

 

エピソード漫画

「フィッシング詐欺に遭って30万使われたお話」はこちら

「虚血性大腸炎になった話」はこちら

「英語喋れなすぎて誘拐されかけました」はこちら

 

育児書漫画

白目みさえが育児書通りやってみた〜アンガーマネジメント編〜はこちら

白目みさえが育児書通りやってみた〜買い物編〜はこちら

白目みさえが育児書通りやってみた〜トイトレ編〜はこちら

■心理系のつぶやきはこちらから

■ご紹介・掲載ありがとうございます

■イラストのおしごと

■楽天ROOM

 

 

1+