プロポーズできるかな?その1

いつもご覧いただきありがとうございます。

はじめましてのプロフィールはこちら

Instagramはこちら

婚姻届けのエピソードの予定でしたが、

プロポーズのときにもそれなりにひと悶着ありましたので、先にプロポーズ編をお送りします。

馴れ初め編はこちら

旦那との馴れ初め その1

旦那との馴れ初め その2

旦那との馴れ初め その3

プロポーズへのプロローグ

私はとっくに内定が出ていたので、職場も確定していました。

一方旦那は職場が決まらず…。

同棲することだけは決まっていて、私の住んでいたアパートはとっくに解約の約束をしているし。

とにかく新居を見つけなければならないのに、場所が決められない…!

結局「乗り換えに便利なところ」を選んで契約したあとに旦那の職場が決まりました。

仕事始めまであと数日のタイミング。

ほんとミラクル。

ギリギリでいつも生きていたい人。

乗り換えに便利だとはいえ、旦那は職場まで1時間電車に乗って通うことになりました。

そんな生活が続いたある日…

もうほんまに…なんでやねん。なんの話やねん。

何年生きてきてん。

なんでこのタイミングになるまで気づかへんねん。

もう「ああ…そう…」としか言えへんがな。

マジで「ときめきの無駄遣い」。

でも旦那のビックリ発言はこれだけで終わらなかったのです。

いやホンマにどういうことやねん。

電車苦手なんはわかるけど。

私の仕事はどうすんねん。

そもそも仕事が決まるのがこんなにギリギリだったからこんなことになったんちゃうんかい。

無計画にもほどがありません…?

そしてここからどうやって「プロポーズ」にいくねんって思うでしょ?

いくんですよ…回へ続く…。

いつもご覧いただきありがとうございます!

コメントはメアド必須じゃないのでお気軽にどうぞ♪

ご質問やリクエストなども受け付けております!

承認制ですが基本的に全公開しています。

公開されたくないときは「公開ダメ絶対」とひと言添えてくださいね。

2+